メルカリ出品で初心者の私でも高く売れた!やり方とコメントに注意

メルカリライフスタイル
この記事は約5分で読めます。

あれだけ欲しくて買ったのに、使う機会がなくてずっとクローゼットに眠ったままの鞄。思い切って処分しよう。買取ショップの方が楽だけれど少しでも高く売りたい。メリカリ出品初心者の私でしたが何とか売れました。まずは出品方法をまとめてみました。

スポンサーリンク

メルカリ出品初心者の私が使わない鞄を高く売ることに挑戦

メルカリ売る

1年前に定価消費税込み46,440円で購入したトートバッグ。すごく気に入っていたのですが1回使用しただけで使う機会がないままにクローゼットで眠ったまま。
仕事ではリュックの方が断然便利なので、この先も恐らくそんなに活用できない。悔しいけれど手放すことに決めました。

買取ショップはその場で買い取ってもらえるから楽なんだけれど、値段は思い切り買い叩かれる。だから絶対イヤ!
というのも昔、ティファニー本店で購入したシルバーのネックレスを査定に出したら、なんと数千円の評価をされました。

これニューヨークの本店で当時12万円位したんですけど、たったの数千円ですか?

 

いいのはわかります。でも需要がないので

もちろん、売るのはやめました。
その時にアドバイスされたのが、今度売ることを想定して買うのなら、ダイヤモンド、金、ロレックス、ケリーバッグにしなさいと。

でもね、欲しいと思って買う時はそれを使う自分を思い浮かべることはあっても、将来的に売ることを想定することは余りないと思うのですが・・・欲しいものは欲しいから買う。

そう思っていても売りたい時は売りたい。どうせなら少しでも高く売りたい。知名度のあるメルカリなら安心して取引できるんじゃないかな。自分で価格も自由に設定できるみたいだし、スマホひとつで簡単に手続きができそう。絶対に、買取ショップよりは高く売れるはず!

というわけで、メルカリ出品初心者の私がお気に入りのトートバッグを出品することに決めました。

メルカリ出品のやり方

メルカリ出品初めて

私は以前メルカリで商品を購入したことがあるので個人情報設定は済ませていましたが出品して売るのは初めてです。

<メルカリに出品して売る方法>
・メルカリのアプリを利用
・売りたい商品を撮影する
・商品の説明を入れる
・出品する
・購入者が決まる
・商品を発送する
・評価する
・取引終了
・指定の銀行口座に振り込まれる

スマホのメルカリアプリを使っての出品方法を個別に説明していきます。

出品のアイコンをタップして、出品画面を開く

写真を撮って保存する。
写真は10枚まで撮れるので全体写真、表、裏、細部や気になる部分などできるだけ多く撮った方がいいです。写真は明るいところで撮影するときれいに見えます。そして見るだけで商品の状態がわかるように、
中古品で傷などがある場合はその部分を押さえておく。

スポンサーリンク

商品情報を入力する
購入者が気になるのは、色、サイズ、重さ、定価、商品の状態、購入時期などです。自分が購入する場合、どんな情報がほしいかを考えてみるといいのではないでしょうか。商品説明のテンプレートを利用するのが簡単です。商品の通販サイトがある場合は説明を参考にすると訴求ポイントがわかります。傷等がある場合はその旨を明記しておくとトラブルを予防できます。付属品は保証書や専用の箱や保存袋などがあると有利です。

配送について
配送料は出品者負担にしておくのが一般的です。配送方法は、「らくらくメルカリ便」「ゆうゆうメルカリ便」にすると売れやすいようです。送料も安く、匿名配達もでき、宛名を書く手間が省けます。

販売価格について
自分の希望する金額を記入します。金額は過去のメルカリ出品や他のオークションサイト等を参考にして相場からかけ離れないようにすると早く売れると思います。成約すると製薬金額からメリカリに手数料として10%と送料込みの場合送料が差し引かれますのでそれも踏まえて価格設定するといいと思います。

ちなみに私は定価46,440円で販売価格を29,000円に設定しました。

商品撮影の写真や商品情報など、いったん途中でやめたいときは一時保存をしておくと後で出品画面を開くと保存された画面が出てくるので便利です。

メルカリに出品して成約するまではコメントに注意

メルカリ成約

メルカリに出品されると気に入った商品に対してコメントが入ることが多いようです。ヤフオクとかは出品した商品に対して希望者が金額を入れていき、その金額が条件を満たしたところで落札になるスタイルだと思います。

メルカリの場合はいきなり購入される場合もありますが、値段が高額?になると独自のシステムがあるようです。出品された商品に対して「いいね」がつく。これは購入ではないけれど商品が気になって後から検討しようとタグをつけている場合が多いようです。「いいね」がつくというのは商品がある程度評価されているということだと思いますが、そのまま商品が購入されない場合もあるそうです。

出品商品に「〇〇様用」とタグがつくことがありますが、これは他の人が購入できないようにするお取り置きの合図のようです。今回私はそのようなオーダーは受けませんでしたが。

そして気を付けなければいけないのが「コメント」です。コメントには出品した商品についての質問や価格交渉などが入ってきます。コメントがある場合は登録メールに通知は来ないので、自分で確認しないといけません。出品したその日はこまめにコメントチェックをされる方が良いと思います。コメントの返事が遅いと悪く思われる場合もありますので・・・
私はすぐに対応できるように、休みの日を選んで出品しました。

価格交渉があった場合
価格交渉があり、その金額で合意した場合は、価格を変更しなければいけません。最初私はそれがわからずにいると相手側から「金額を変更していただければ購入手続きをします」とコメントをいただき、慌てて価格変更をしたら成約しました。

定価46,440円の商品を29,000円で出品。先方から価格交渉が入り26,500円で成約。

メルカリの手数料が2,650円なのでこちらの利益は23,850円。そこから郵送料が700円から1000円差し引かれますが。

出品して落札されるまでの時間は約2時間。早かったです。

まとめ

最初の価格設定、値段交渉にすぐに応じずに時間はかかっても「いいね」をしてくれた他の方からのリアクションを待てばもう少し高値で売れたかもしれません。買取ショップに出すよりははるかに高値で成約できたと思っています。
次は落札されてからのやるべきことです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました