高野山恵光院ナイトツアーでの注意点|宿坊・服装は?高齢者には?

スポンサーリンク
奥之院 ナイトツアーの月高野山
この記事は約4分で読めます。

———————–
高野山恵光院ナイトツアーはガイド付きで夜の奥之院を見学・参拝できる人気ツアーです。参加して良かった!ぜひ行ってみたい!との声多数ですが、参加する前に気をつけておきたいことがあります。後でしまった!と後悔しないように注意点をまとめてみました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

高野山恵光院ナイトツアーでの注意点・宿坊篇

高野山

恵光院の奥之院ナイトツアーは誰でも参加できます。恵光院に宿泊していないと参加できないと思い込んでいる人もおられるようですが、そんなことはありません。念願のナイトツアーに参加したものの、当日思わぬトラブルであわてないように参加者の口コミ等を参考に事前確認をしておいた方が良いと思ったことをまとめてみました。

<恵光院以外の宿坊の場合>
奥之院ナイトツアーは恵光院・境内に19:00集合
奥之院からバスに乗って最寄りの宿坊のバス停に戻るのが大体20:40~20:50。
・ツアー出発までに夕食や入浴を済ませることができる
・門限までにツアーから戻ることができる
この2つの条件をクリアーできる宿坊でなければいけません。

恵光院公式サイトの奥の院ナイトツアーのページに、
「蓮華院」「西南院」に宿泊の方は上記の条件をクリアーできないので参加できません。
その他、高野山中の千手院橋より西の宿坊については事前に相談された方が良いと思います。
また、バス停からの距離が離れている宿坊についても同様です。

高野山の宿坊は大体21:00が門限のところが多いです。

門限に間に合わないとあきらめる前に、宿坊に相談すると個別に送迎を出してくれる場合もあるそうです。
私の場合は、宿泊予定の持明院に確認すると「門限は21:00でそれを過ぎると施錠するので入ることができません」と言われたのですが、口コミ等を見ると「門限までにナイトツアーから帰ることができました」とあったので何とか間に合いそうな感じです。

高野山恵光院ナイトツアーでの注意点・服装・靴篇

高齢者

<服装について>
高野山は標高800メートルのところにあるため、気温が下界と比べて7度ほど低いので、季節を問わず防寒対策はしっかりしておいた方が良いです。

私も数年前の9月に高野山の宿坊に泊まって朝のお勤めに参加した時、窓が開いていたのですがその風の冷たかったこと。寒さで震えました。
日中は暑いくらいでも朝夕は急激に温度が下がったりするので、重ね着やプラス1枚のはおり物(冬は厚手の物)は忘れずにご用意くださいね。

スポンサーリンク

<靴について>
スニーカー等の疲れにくく歩きやすい靴がおすすめです。昼間、奥之院・一の橋から弘法大師御廟までの約2kmの道のりを歩いたことがありますが、距離が長いので足が疲れてしまいます。足が疲れると転びやすくなります。途中、階段が43段ある覚鑁坂(三年坂)も歩きますがそこで転ぶと3年以内に死んでしまうという恐ろしい言い伝えがあるそうです。京都にも三年坂があり、同様の言い伝えがありますね。夜は昼間に比べて足元が悪くなるので転びにくい靴で散策しましょう。せっかく、お大師様を訪ねるのだから幸せに長生きさせていただきましょうね。
石畳は雨が降ったり、濡れると滑りやすくなりますので転倒しにくく、滑りにくい靴であればなお良いと思います。

恵光院ナイトツアーでの奥の院参詣は高齢者にはつらい?

悩む女性

恵光院奥の院ナイトツアーを楽しみにされている方は多いと思いますが、夜の奥之院の参詣が高齢者や足の悪い方でも大丈夫かと心配されている方もおられると思います。私もこの秋に77歳になる母と一緒に高野山の宿坊に泊まる予定です。めったにない機会なので、できれば母と一緒に恵光院ナイトツアーに参加したいと思って情報を集めてみました。

ナイトツアー参加者の口コミでこのようなものがありました。

ガイドのお坊さんの説明は良かったけれど、ツアー中はとても速いスピードで歩きました。
自分たちは何とかついていけたけれど、一緒にツアーに参加されていたご年配のご夫婦はこのスピードに全くついていけずに気の毒だった

高齢者でも、普段から山歩きやウオーキングなどで足腰を鍛えられている方は大丈夫だと思うのですが、私の母は早く歩いたり、長距離歩くと足が痛くなるからです。

父が奥の院に眠っているので、墓参りに年に数回、母と奥の院を訪れているのですが、いずれも昼間です。昼間の参詣道でも私と歩いても同じ速度ではついていけません。お大師様に参拝に行くのも、正式ルートの一の橋からだと約2キロあるので歩くのがつらい時は、奥之院口からの最短ルートを利用しています。母自身、ナイトツアーは夜は足元が見えにくくなり、階段等で転ぶかもしれないと不安に思っているので乗り気ではありません。

その日のガイドさんによっては大丈夫かもしれませんが、万一のことを考えて今回ナイトツアーに参加するのは私だけにするつもりです。しっかりとガイドのお坊さんの説明を聞き、夜の奥の院を参詣するつもりです。

まとめ

昼の奥之院とは違った幻想的な夜の奥之院。なかなか体験できないツアーなので、できるだけ下準備をしてツアーに参加したいと思っています。ツアーの体験談は後日お届けする予定です。

奥之院ナイトツアーに便利な恵光院のご予約はコチラから

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました