目薬でコンタクトの乾燥を緩和するおすすめと化粧崩れしない差し方

目薬 コンタクトライフスタイル
この記事は約4分で読めます。

目薬はコンタクトレンズの目の乾き対策の必需品。でも、オフィスの冷暖房やパソコン作業で目薬を何回差しても目が乾く。点眼するたびにアイメイクが溶けてパンダ目になったりして化粧崩れに悩まされませんか?上手な目薬の差し方でその悩み少しは改善するかも。

スポンサーリンク

目薬でコンタクトの乾燥を緩和するおすすめは

目薬コンタクト

コンタクトレンズのドライアイってつらいですよね。私はハードレンズを使用していますが、超ドライアイ。絶対に目薬は欠かせません。職場の環境は一年を通してほぼ冷暖房のどちらか、パソコン作業がメインなので疲れ目も影響しているんでしょうね。

目の乾燥がひどい時は目がヒリヒリするし、コンタクトレンズがピタッと貼りついてポロっと外れてしまったりと大変。数分おきに目薬を差してもなかなか改善しません。

眼科の定期検診に行くと、

ドライアイで目に少し傷がありますね。市販の目の乾き対策なら、安い涙成分の目薬を使うといいですよ。

眼科の先生曰く、ドライアイ対策で市販の目薬のおすすめは高額でない目薬。高い目薬はいろいろな成分が入りすぎてドライアイに関しては逆効果。

ドライアイの私が使って良いと思うおすすめの目薬をご紹介します。

参天製薬:ソフトサンティア
涙に近い人口涙液なので何回でも点眼できるのがいいですね。1週間から10日で使い切りのところも衛生的です。
「ロートCキューブ・プレミアムモイスチャー」
これは保湿性がありながらコンタクトレンズが曇らないので愛用品のひとつです。

それでも、乾燥が止まらない時のスペシャルケアは

目薬コンタクト乾燥

ヒアロルン酸の入った「ヒアレイン」
これは市販薬ではなく眼科に行かないともらえませんが、私のドライアイにはめちゃくちゃ効きます。数分ごとに点眼しても止まらなかったドライアイが、ヒアレインを一滴入れるだけで数時間保湿をキープできるんです。価格も数百円なので眼科に行くと数本まとめてもらいます。

コンタクトの眼の乾燥を止めるのにおすすめでない目薬

私の経験からのドライアイ対策でおすすめでない目薬

スポンサーリンク
1000円以上する高額な目薬
高額なだけあっていろいろな成分が入っているのですがドライアイ対策としては涙に近いシンプルな成分の方が適しているそうです
清涼タイプの目薬
清涼タイプの目薬は点眼後、目がスーっとさわやかになるのは気持ちいいのですが、すぐに乾燥してしまうのでドライアイ対策としては用途が違います。
「超保湿」タイプの目薬
「超保湿」とか「超ドライアイ用」タイプの目薬は心惹かれて何度か使用したことがありますが、私の場合保湿のとろみ成分でレンズが曇ってしまいます。レンズが曇らなければ使ってみたいと思います。

その他ドライアイ対策として気を付けたいこと
目が疲れたと感じるときはまばたきが少なくなり、目が乾きやすくなっています。
長時間の作業をする時は定期的に目を休めて意識的にまばたきを心掛けたり、目にホットマスクをして緊張をほぐしてあげるのも効果的です。

スマホの見過ぎも目を疲れさせ乾燥させますので、見過ぎに注意しましょう。

化粧崩れしにくい目薬の差し方

目薬差し方あっかんべえ

目薬を差すと眼のふちなどに溢れた点眼薬がにじんでパンダ目になって困ったことがありませんか。目薬の差し方ひとつで化粧崩れもかなり改善できますよ。

目薬を差す前には石鹸できれいに手を洗ってくださいね。

<化粧崩れしにくい目薬の差し方1:あかんべぇ法>
■背もたれのある椅子などにもたれて、顔をしっかり真上に向けて目薬を持っていない手で下まぶたを軽く引き下げて、あっかんべえの状態にする。
■そのまま、目薬の容器の先がまつげやまぶたに触れないように下まぶたを目掛けて目薬を差す。
■目薬を差した後は、1分位軽く目を押さえて眼のふちや皮膚についた余分な目薬をティッシュやガーゼでふき取る。

※下まぶたを引き下げることで、目薬が目の中に命中しやすくなり、余計な目薬があふれ出にくくなるので滲みが少なくなります。

<化粧崩れしにくい目薬の差し方2:げんこつ法>
手にネイルを塗っていたり、爪が長い人はげんこつ法がおすすめかもです。
■親指を中に入れてげんこつを作る
■げんこつを下まぶたにあて、軽く下にひく。
■げんこつに点眼容器を持つ手をのせて、点眼する。

※げんこつの下にティッシュを当てるとより滲みにくくなりますし、げんこつにのせて点眼容器を固定することで目薬を差すのが失敗にしくくなります。

その他としてマスカラはウォータープルーフタイプ、アイラインも滲みにくいタイプを使うと化粧崩れはかなり防げます。

正しい目薬の差し方は化粧崩れにも効きますね。

まとめ

ドライアイで目薬を使うと化粧崩れが気になりますが、ドライアイを緩和させる目薬を選ぶと点眼する回数も減りますし、正しい差し方を行うことでアイメイクの崩れも予防できます。

間違った目薬の差し方も説明していますので良ければご覧ください。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました