激安商品を買って食品ロスを減らせる通販サイトはこちら>>

おかモネ妄想|そのお天気お姉さんだけには近づいてはいけない!

おかえりモネ妄想小説おかえりモネ妄想小説
この記事は約10分で読めます。

「おかえりモネ妄想小説」で溺愛する恋人百音にアプローチする不届き者を徹底的に叩きのめす策士・菅波先生のお話をつくりました。百音の前ではデレ波でもモブの前ではクールな策士の顔を見せる菅波先生の2面性を勝手に創作しました。いちゃつく菅モネは健在です。

スポンサーリンク

策士・菅波先生がモネに近づく不届き者モブをクールに叩きのめす

疑問

今回は、モネちゃんにアプローチをかけるモブが策士・菅波先生に徹底的に叩きのめされる話です。
菅波先生がキレキレの頭脳を駆使して不届き者のモブを社会的に抹殺します。

いつもの菅波先生は医師としては優秀だけれど、それ以外は不器用で政治的な駆け引きも苦手。
でも、溺愛する恋人・百音にアプローチをかける不届き者がいたら、徹底的に排除するのでは?
ここでの菅波先生は普段のポンコツではなく、キレキレの頭脳で恋人を守る、クールな策士です。
菅波先生のポンコツキャラとクールな二面性を描いてみました。

本編の先生のキャラからは少し外れるかもしれません・・・
ちょっと遊んでいます(汗)

スポンサーリンク

おかモネ妄想|そのお天気お姉さんだけには近づいてはいけない!

勝鬨橋昼

今、「朝キラッ!」で人気急上昇中のお天気お姉さんモネちゃんこと、永浦百音にはまことしやかな都市伝説がある。
興味半分にモネちゃんに近づく不届き者にはとんでもない制裁が下るらしい。
命を落としかけた者、社会的に抹殺された者など、不埒に近づいた彼らの代償はあまりにも大きい。

決して、お天気お姉さんモネちゃんだけには近づいてはいけない・・・

***

WE社ではスポーツ気象のスタッフ会議を終えた、東成大学付属病院医師・菅波光太朗と百音がいちゃついていた。
菅波はこの後、雑誌の取材を受けるという最愛の恋人をデレデレとした表情で見ている。
「百音さん、今日も可愛すぎて心配です」
「もぅ~やだ!私は先生だけですから。そういう先生こそ、病院にはスタイルのいい看護師さんたちがいっぱいいて心配です」
「そんな心配は無用です。僕にとってあなた以外は性別で単に女性というだけの存在です」
当人たちはいちゃついているという自覚が全くないのも問題だ。

そんな二人を呆れた顔で見ている莉子と内田。
「あの二人、完全なバカップルじゃん」
「菅波先生、普段はクールなのに永浦さんといる時のギャップがすごいよね」

莉子と内田の生暖かい視線に気づいた菅波が我に返り、バツが悪そうに視線を泳がせて口元を覆う。

そこへ、高級ブランドのスーツ姿のいかにも軽薄そうな男性が百音を見つけて、ボデイタッチをしようとする。百音にボデイタッチをかわされたのにもめげず、馴れ馴れし気にアプローチをかける。
「モネちゃん!」
「何ですか?私忙しいんですけど」
「モネちゃんのために今夜おいしいフレンチ予約したんだけどぉ、行くよね?」
「お断りします!!私には大切な恋人がいるので」
「怒った顔もかわいいね。俺に乗り換えた方がいいよ」
この人、全然こりない!先生の前なのに!!!
「飯塚さん、いい加減にしてください!」

何なんだ、この軽薄そうな男は!?
僕の大切な百音さんに馴れ馴れしくアプローチをするなんて許せない!
百音さんが嫌がっているじゃないか。

「ちょっ・・・!」
と思い切り眉間に皺を寄せて、飯塚に抗議しようとする菅波を朝岡が止める。

莉子が助け舟を出す。
「モネ、そろそろ取材始まるよ。行きな!」
「は、はい!」
菅波の方を心配そうに振り返り、その場を離れる百音。

百音がいなくなったのを不満そうに「チッ!」と舌打ちする。そして、菅波を見て
「あんた誰?」
「スポーツ気象でご協力いただいている大学病院のドクターです」
菅波の言葉を制して朝岡が答える。
「へん、病院の勤務医か・・・」
吐き捨てるように言う飯塚を菅波が軽蔑したような視線で睨む。
「とにかく朝岡さん、モネちゃんとの食事会頼むよ。親父からも連絡あると思うけど」
「それにつきましては・・・・」
一方的に話し終わると、飯塚が立ち去る。

「何なの、あいつ・・・感じ悪いにも程がある」
「ちょっと人間的に難ありだよね」
莉子も内田も憤慨している。
もちろん、菅波も怒りが収まらない。
「あの男、今日だけでなく何度も百音さんに付きまとっているようですが・・・納得いきませんね・・・詳しくお聞かせ願えますか」

コーヒー


朝岡が、菅波たちを前に言いにくそうに切り出す。
「代議士の飯塚哲夫ってご存知ですか?局に絶大な力を持っている影の実力者です。その息子が先程の飯塚雅夫。父親が経営する設備会社の役員をしていて、わが社にも出入りしているのですが・・・」
「来るたびにモネにちょっかいかけて嫌がられているの。もう頭にくるわ!」
菅波が不機嫌そうに眉間に皺を寄せる。
「神野君の言う通り、彼は永浦さんのことを気に入っていて何かとアプローチをかけているのですが、うまくいかず、父親に泣きついて彼女とのデートを設定してほしいと上層部に圧力をかけているのです」
「うわ、サイテー!」
「とんでもない人間ですね・・・先ほど、ガツンと言わなかったのが悔やまれます」

僕の大切な百音さんに手を出そうなんて言語道断だ!
相手が有名代議士の息子だろうと、絶対に許せない。

「菅波先の顔、こわすぎ!」
静かに怒りに震える菅波の表情は余りにも恐ろしく、さすがの莉子も震える。

朝岡がため息をつく。
「あの場で菅波先生が永浦さんの恋人だということを知らせてしまうと先生にも迷惑がかかるかもしれないと思い先程は止めました。この手の話にはよくあることで慣れているのですが、さすがに相手が悪い。」
「絶対に永浦さんには指一本触れさせません」
「でも、どうやって?」
「変な気を起こす前に、社会的に抹殺してやります」
朝岡、莉子、内田が菅波の方を一斉に見る。
「相手は飯塚哲夫ですよ?」
「国家権力には国家権力で返すまでです」
「えー!!!」
「これでも、それなりに使える人脈は持っています」
しれっとクールに言い放つ菅波に朝岡、莉子、内田は底知れぬ恐ろしさを感じた。

今の菅波は、先程まで溺愛する百音を前にデレていたポンコツの彼とは全くの別人だった。
恐ろしく鋭い、氷のように冷たい眼差しで飯塚を抹殺すると自信満々に言い放つ。
偏差値は高いとはいえ、たかだ一介の大学病院の勤務医に国家権力並みの力があるのか?
この男、いったい何者?
醸し出す空気感がこわすぎる。
莉子、内田はおろか朝岡までもが菅波に震えあがっていた。

菅波が静かに言葉を発する。
「神野さん、ご協力いただきたい案件があります」
「は、はい!何でしょうか?」
菅波の気迫に押されて、いつもの莉子にしたら珍しく、上ずった声の敬語で返す。
「後日、百音さんをのぞくメンバーで、可愛い系、清楚系、お色気系を取り混ぜた合コンメンバーの設定をお願いしてもいいですか?」
「もちろん、お安い御用です。で、お相手は?」
「今は詳しいことはお話しできませんが、超エリート集団です」
「喜んで!!!」
「内田さんは僕がいない間、百音さんのガードをお願いします」
「任せてください」
「朝岡さんは、僕が手筈を整えたら、飯塚への連絡をお願いします」
「ええ、わかりました」

いつもなら3人に良いように使われる菅波だったが、今回は違う。
WE社の切れ者、3人が逆に菅波に指示を仰ぐ形となった。

勝鬨橋


東成大学病院では、菅波が珍しく中村に頭を下げて協力を要請していた。
「・・・というわけで、中村先生にもご協力いただきたいのです」
「了解!他ならぬモネちゃんのためですから、僕にできることは任せてください。具体的には何をすればいいんですか?」
「先生の人脈と政治力をお借りしたいのです」
「はい?」
「僕の高校時代の同級生に警察キャリア、官僚、検事がいるので、神野さんにご協力いただいて彼女たちとの合コン・特別人間ドッグを交換条件に飯塚親子を社会的に抹殺するためのネタを探してもらっています」
「合コンといえば、ナースも人気ですよね?」
「ええ、それも想定して、師長に何人か若くてかわいい子をリストアップしてもらっています」
「え、菅波先生、そんなことできるんだ!?これは驚きです!では、僕は何を?」

医学生の頃からずっと見てきたが、こんな菅波は初めてだった。
医者としての知識やスキルは申し分ないが、社交性や政治力というものに無縁だった男が、愛する彼女のためにありとあらゆるルートを活用して駆け引きをしている。彼にこんな才能があったとは驚きだ。
もともと非常に優秀な男で、本人にその気がなかっただけのことか。
それにしても、彼をここまで動かすモネちゃんこそ、ただ者ではない。

スポンサーリンク

ソムリエ


すべての手筈が整った。
「・・・本当に特別休暇1週間連続でもらえるんですね?」
「ええ、中村先生にお願いして、菅波先生と一緒の休みを調整しますから」
「じゃ、食事だけですよ」
朝岡は菅波の指示ということを内密に、嫌がる百音を説得して飯塚との食事会を納得させた。

夜景がきれいな都内のホテル内の高級フレンチレストラン。
飯塚雅夫は念願の百音との個室デートにご満悦だった。
「ようやく、モネちゃんがその気になってくれて嬉しいよ」
「その気になんかなっていません!」
百音の手を握ろうとする飯塚の手をぴしゃりと払う。
「照れてるのかな?」
先生に早く会いたい。
飯塚はルームキーを見せながら、
「最上階のスイートルームも予約してるんだ」
「私には関係ありません!」
絶対イヤ!気持ち悪い!一刻も早く逃げ出したい!
その時、スマホに菅波から連絡が入る。

「ちょっと、失礼します」
百音が中座したのを見届けて、飯塚は卑猥な笑いを浮かべながら、百音の飲んでいたワインに白い粉を入れる。
「これでモネちゃんは俺のもの♪」

刑事


レストランを出て菅波の姿を見つけた百音は半泣きになってその胸に飛び込む。
「せんせぇ、会いたかった!怖かった・・・」
「百音さん、怖い思いをさせてごめんね。もう大丈夫だから!」
「モネ、大丈夫だった?」
莉子、内田、朝岡も駆け付けて百音を心配そうな顔で見ている。
「大丈夫です!先生以外の男性には指一本触れさせていません!」
「ちょっと、百音さん・・・」
恥ずかしそうに目尻をポリポリとかく菅波はみんなが見慣れた彼だったが・・・
「さて、そろそろですね」

***

中座した百音がなかなか戻らないことにイライラしている飯塚
「モネちゃん、遅いな・・・」
個室のドアが開き、ずかずかと数人の刑事が入ってくる。
「危険ドラッグ所持の現行犯で逮捕する」
百音の飲みかけの薬が入ったグラスも証拠品として挙げられる。

その頃、父親の飯塚哲夫は収賄・汚職の疑いで事務所や会社に特捜が入り、「大物代議士の汚職事件」として大々的にメディア報道される。

***

手錠をかけられてホテルから出ていく飯塚雅夫の前に菅波が現れ、氷よりも冷たい視線で言い放つ。
「お前はあの時の医者・・・」
「二度と僕の恋人に近づくな!今度百音さんの前に現れたら、おまえの臓器を全部とってやる」
がっくりとうなだれる飯塚。
そして、菅波は指示する警察キャリアの男性に目くばせをする。

***

その頃、止めを刺すように、YouTubeには飯塚親子の恥ずかしい動画がアップされ、瞬く間に拡散された。
この一連のダメージで二人は決定的な社会的制裁を受けることになった。

乾杯


飯塚騒動が落ち着いた後、朝岡主催で百音、莉子、内田と菅波、中村で食事会が開催された。
百音と菅波は隣り合わせに座り、無自覚にいちゃついている。
「それにしても、菅波先生のお知合いってすごいですね。お医者様だけでなく、検察に警察官僚、あのユーチューバーのHIROKIまで。さすがの私も驚きました」
「いや、ユーチューバーは中村先生のご紹介で」
「菅波先生にお願いされるなんて初めてですから驚きましたよ」
「中村先生も顔が広いですね」
「たまたま、患者で診た彼が有名ユーチューバーHIROKIで。なんか意気投合しちゃってね。ハハハ!でも菅波先生の人脈と政治力には負けますよ」
豪快に笑う中村にチベスナ顔の菅波。
中村は密かに菅波の恐るべき政治力に驚き、自分の後継者はやはり彼しかいないと確信した。

内田が思い出したように
「そういえば、菅波先生主催の合コンってどうなったの?」

内田さん、余計なことを・・・
この話は百音さんには内緒にしてあったのに・・・

莉子が元気よく手を叩いて
「センセ!おかげさまで合コン、盛り上がりました!こんな協力ならいつでも大歓迎です♪」
「へぇ、菅波先生が合コンの幹事ですか・・・」
「これはまた意外ですね」
中村と朝岡が突っ込んでくる。

「先生、合コンってどういうことですか?私、何も聞いてませんけど・・・」
「も、百音さん、これにはいろいろ事情がありまして・・・」
百音に詰め寄られた菅波は小動物のようにビクビクとしている。
莉子が意地悪そうに微笑み、追い打ちをかける。
「菅波先生、意外と人気ありましたよね、ウフ!」
「先生、ひどい!私に飽きたってことですか・・・?」
「ち、違います。そんなことあるわけないじゃないですか。信じてください、百音さん!僕はあなただけです!」

あたふたと百音の機嫌を取る菅波を見て、百音を除く全員が思った。
溺愛する恋人の前ではポンコツだが、その姿に騙されてはいけない。
彼と彼の恋人だけは絶対に敵に回してはいけないと・・・

お天気お姉さんモネちゃんには近づいてはいけない。
興味半分に彼女に近づく不届き者にはとんでもない制裁が下るらしい。
その都市伝説は彼女を溺愛する恋人菅波光太朗によってつくられる。

▼「おかえりモネ」妄想小説のまとめはこちらです。▼
「おかえりモネ」妄想小説まとめ|菅モネのその後の話をつくってみた

スポンサーリンク

まとめ

まとめ

今回の妄想小説は、モネに近づく不届き者モブを策士・菅波先生が徹底的に叩きのめす
「おかモネ妄想|そのお天気お姉さんだけには近づいてはいけない!」
でした。いかがでしたでしょうか?

ちょっと、公式の菅波先生のキャラと離脱したところがあったかもしれませんがお許しください!
モネと付き合う前に、父親の耕治に呼び出された菅波先生が「永浦さんに何かあれば僕にできることは何でもします」と約束するシーンがありました。
これをヒントに、自分のことには構わなくても、モネが危険な目に遭いそうになればどんなことでもするだろう。その時は優秀な頭脳を使って策士にでもなるだろうな、というところからの発想でした。


お口直しはやはり公式の「おかえりモネ」ですね。
U-NEXT経由でNHK動画を31日無料トライアルできますよ。

トライアルでも600ポイントもらえる!
31日間無料トライアル!

※本ページの情報は2022年5月現在のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。


スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました