「恋つづ」妄想小説|魔王、再び嫉妬の化身に!?上条からの結婚祝い

勇者の剣恋つづ妄想小説
この記事は約8分で読めます。

「恋つづ」テレビ版の上白石萌音と佐藤健にハマりすぎて「恋つづ妄想小説」始めました。今回は「魔王、再び嫉妬の化身に!?上条からの結婚祝い」。結婚して幸せいっぱいの二人の前に再び上条が登場。結婚祝いと称して二人をディナーに誘う上条にまたしても嫉妬する魔王ですが・・・

スポンサーリンク
▼「恋つづ」妄想小説のまとめはこちらです▼
「恋つづ」妄想小説まとめ|七瀬と天堂のその後の話をつくってみた

「恋つづ」続編・上条の再登場にまたしても嫉妬する魔王



「恋つづ」こと「恋はつづくよどこまでも」にハマりました。一目惚れした男性に会いたい一心でナースになった七瀬が再会した天堂は超ドSなドクターだった。という円城寺マキさんの漫画を原作に、ドラマ版では上白石萌音(七瀬)と佐藤健(天堂)主演で、ドSなドクター天堂の心にひたむきに飛び込んでいく新人ナース七瀬のツンデレ・ラブストーリーに毎週キュンキュンしてました。

原作のキャラクターよりもさらにドS度をアップして、ツンデレ度を高めた佐藤健の天堂先生はもう卒倒物の恰好よさ。回を重ねるごとにきれいになっていく
上白石萌音とのラブラブぶりにも頬がゆるみっぱなし。
とにかくこの二人の組み合わせが最高でドラマが終わった後も妄想が広がる、広がる。

というわけで、調子に乗って、「恋つづ」テレビ版の妄想小説の続編を勝手に創作してみました。今回は「魔王、再び嫉妬の化身に!?上条からの結婚祝い」。テレビ篇では七瀬に片思いして二人の仲を引っ掻き回し、天堂を嫉妬の化身にしてしまった上条さん。なかなか強烈なキャラでした。そんな上条さんが新婚の二人の前に現れたら、クールな天堂先生はどんなリアクションをするのか?上条はまたしても魔王の弱みを見つけ二人に突っ込みます。それは七瀬がいまだに天堂の名前で呼べないこと。そんな上条に心穏やかでない魔王は・・・

「恋つづ」妄想小説|魔王、再び嫉妬の化身に!?上条からの結婚祝い

病院廊下

「天堂さん」
七瀬がスタッフステーション前の廊下を歩いていると背後から呼び止められる。
「はい」と七瀬が答えながら、聞き覚えのある声だと思いながら振り向くと
「七瀬ちゃん、久しぶり!」
「上条さん・・・!?」
「やっぱり本当だったんだ。天堂先生と結婚したんだね」
七瀬の結婚指輪を見て少し寂しそうな表情をする上条。
「おかげさまで。まだ新しい名前には慣れませんが」
「新妻っぽくていいんじゃない」
「やだ、もう!上条さんたら・・・でもどうしてここに?まさか?」
「身体の方はシンガポールでだいぶ良くなったよ。第一この格好で入院する?」
七瀬、上条の洗練されたスーツ姿をまじまじと見て
「確かに」
「今回はオヤジの代わりに副社長としてビジネスで。うちはここの大スポンサーだからね」
回診を終えた天堂がやって来る。
「天堂先生、その節はどうも!」
天堂、突然の上条の出現に驚きながらもポーカーフェイスで
「上条さん。お久しぶりです。その後お加減はいかがですか?」
「相変わらず涼しい顔して、俺のこと警戒してるでしょ?大丈夫、人妻には手を出しませんよ」」
「え?」
「七瀬ちゃんとの結婚おめでとう!」
上条、天堂に小声で
「彼女、しっかりつかまえたわけだ」
「・・・」
「そうだ!今夜二人とも時間ある?結婚祝いに、飯でもご馳走しますよ」

高級レストラン

夜・ドレスアップした七瀬とスーツ姿の天堂が上条指定のフレンチレストランへと向かう。
「お待ちしておりました、天道様」
高層ビルの夜景が一際美しい窓際の席へと案内された二人。
広いフロアには七瀬と天堂だけ。
「素敵なお店!でも私たちだけ?」
遅れて上条が席に着く。
「遅れてすまない」
「上条さん、このお店他にお客さんいないんですけど。もしかして高いだけのお店ですか?」
「おいおい・・・なわけないだろ。バカ」と七瀬をたしなめる。
上条が笑いながら
「変わらないね、七瀬ちゃん。好きだよ、そういうとこ」
天堂の顔が一瞬曇る。
「あ、人妻に向かって七瀬ちゃんはないか・・・」
「いえ、お気になさらず。これまで通りで構いません」
「この店、予約のとれない人気のレストランなんだ。だから、今夜は貸切にした」
「ええ!?」
「二人の結婚祝いだからね」

ソムリエ

スポンサーリンク

豪華な料理に舌鼓を打つ3人。
「ところで、七瀬ちゃん。1年間スウェーデン留学したんだって」
「はい、もっとスキルアップしたくて。介護包括ケアシステムの勉強をさせていただきました」
「1年間もよく平気でいられたな」と上条が天堂をチラ見する。
それに気づかない七瀬。
「私はつらかったです。天堂先生はそうでもなかったみたいですけど」
「そうかな」
「あ、思い出した。そういえば、天堂先生お休み取ってスウェーデンに来てくださったんです」
「へぇ」と上条が天堂を見てにやにやする。
照れ隠しに咳ばらいをする天堂。

「ところで、さっきから気になってたんだけど、七瀬ちゃんまだ『天堂先生』って呼んでるの?」
「え、おかしいですか?」
「だって、七瀬ちゃんは天堂先生の奥さんでしょ。二人のだけの時もそう呼んでるの?」
「はい。だって先生は先生です」
「普通、名前で呼ぶでしょ。天堂先生だって名前で呼ばれたいと思うよ」
「そうなんですか?」
「俺は別に・・・」
本当は下の名前で呼ばれたいのに、平静を装う。
「そうなんだ。じゃ、俺にもまだチャンスはあるかな?七瀬ちゃん、俺に乗り換えない?」
上条が天堂を挑発するように言う。
天堂、少しムッとする。
「気に入りませんか?」
「いえ、別に・・・」
「上条さんも先生も、何言ってるんですか?」
夜景
上条、半ば呆れて
「七瀬ちゃん、君って本当に天然だね」
「え、天然ってどうしてですか?先生、私そうなんですか?」
「俺に聞くな、バカ!」
上条、二人を見て笑う。
「あの頃はわからなかったけれど、今ならわかる。天堂先生、意外と嫉妬深いんですね?さっきから俺が七瀬ちゃんにちょっかい出してるのが面白くないみたいですね」
「え、先生が嫉妬?」
「違う」と天堂がわざとそっけなく言う。
「言ったでしょ、人妻には興味ないって。それに俺シンガポールで彼女できたから」
「わー良かったですね。上条さん」
「だからご心配なく、天堂先生。で、下の名前なんていうの?」
七瀬が恥ずかしそうに言う。
「天堂浬・・・」
「苗字はいいから、名前だけ」
「か、かいかい・・・」」
「スウェーデン1年も言っていたら、ファーストネームには慣れているはずなのに」
「そうなんですけど。かい、かい、かい・・・あ、なんだか痒くなってきちゃった」
「やっぱり、七瀬ちゃんって面白い」
笑い転げる上条。

食事が終わり、結局天堂の名前が言えなかった七瀬。
「今夜はご馳走様でした」
「こちらこそ、ご馳走様。ね、天堂先生」
たじたじになる天堂にさらに上条が追い打ちをかけるようにささやく。
「本当に好きなんですね。七瀬ちゃんのこと」
「ええ。好きです」と答える天堂。

「また、あらためて結婚祝い贈るよ。じゃ、二人とも元気で!」
「上条さんも」
リムジンに乗って帰る上条を見送る天堂と七瀬。

銀座

二人、手をつないでの帰り道。
「結局言えませんでした。先生の名前」
「無理しなくていい」

夜、ベッドの中で天堂の隣で寝言を言う七瀬。
「浬さん、大好きです」
天堂、寝ている七瀬の髪を優しくなでてほほ笑む。

まとめ

まとめ

またまた調子に乗って「恋はつづくよどこまでも」の妄想小説を書いてしまいました。「恋つづ」の世界観を壊してしまったなら申し訳ございません。今回の「魔王、再び嫉妬の化身に!?上条からの結婚祝い」ではテレビ版で人気のキャラ・上条さんに勝手に再出演してもらいました。普段クールな天堂先生が七瀬のことになるとポーカーフェイスを装いながら内心嫉妬してるギャップが好きです。幸せいっぱいの新婚さんの二人だけれど、長年の癖で「浬さん」と呼べない七瀬とそれを寂しく思う天堂。そこへ二人の結婚を知った上条を絡ませてみました。テレビ版でも漫画版でも、七瀬と魔王はお互いに嫉妬するけれど、二人の思いは揺るがない。だから、嫉妬しても安心してみていられるんです。

私の妄想はまだまだ続くよ、どこまでも。

もういちどドラマで「恋つづ」を観てみたい!という方はTBS動画配信サービス Paraviに登録すると2週間無料で「恋はつづくよ、どこまでも」のディレクターズカット版が観れます。
1話だけですが、七瀬と天堂の結婚後の生活も観れますよ!!!
私はこれにはまりすぎてスマホ持ちすぎて腱鞘炎になりかけました(汗)

何度見ても「恋つづ」テレビ版は面白いですね。

↓「恋つづ」動画配信のお試しはこちらから↓

Paravi2週間お試しはこちら

 

「恋つづの電子コミックはこちらでお得に読めます。
「恋つづ」電子コミックをお得に読む

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました